2014年4月の取引結果概要です。

取引回数 79回
総利益 +918,114円
総損失 -1,029,418円
PF 0.89
勝率 49.37%
利益 -111,304円

損益推移グラフ(4月分)
20140430_1

売買ルール別の利益と損失
20140430_2

売買ルール別の損益
20140430_3

売買ルール別の損益額詳細
20140430_4

売買ルール別の損益額推移
20140430_5

2年ブリの3ヶ月連続マイナス収支です。
月単位の負け額は、総資金から見ると僅かなもので、大きめの利益確定があれば1日、あるいは1取り引きで回復できる程度のものです。

なので凹んだりはしていません。
損益グラフが上に伸びていかない日々に、ちょっとだけまったり感がではじめている程度です。

今月のマイナス収支の原因は売買ルール(GS)の不調です。
完全な一人負け…。
1月2月3月と好調だったのですが、何故か4月に入り急降下です。
…ん…残念…。

毎月入れ替わりで不調な売買ルールが現れては復活?…していくって感じになっています。
総ヤラレにならないのが、今のところ救い? っちゃ救い? なのかな?
システムトレードの教科書通りに、お互いがお互いの悪い時期を補い合うって奴。
あくまで今のところは…。


4月は23日(水)から新規仕掛けを停止してGWに入っています。
GW中に、今流行の相場判定を導入してみようと思って色々試しているのですが、いまいち…。

というのも相場判定で取引を厳選していくと期待値は上がるけど取引回数が減って、総利益も減る…。ん…、私的には、いまいちなんですよね~。サンプル少ないと売買ルールの信頼度も低くなるし…。信頼度の低いものを数だけ集めるのもねぇ…。

システムトレードの本質って、期待値のある取引を回数こなす事にあると思う。
資金量がそこそこあるなら取引回数を優先、資金量が少なめなら期待値を優先、かな?

なので私は、相場判定で仕掛け金額をコントロールして、DDと日々のヤラレ幅を少し小さくしました。
取引回数はほとんど減らさない方向で。

このカスタマイズで半年ほど様子を見て、それからまた相場判定の使い方を考えます。
まずは試していかないとね!