2012年の後半戦が本格化してからでは、売買ルールの調整がやりにくいので連休の最終日に微調整をかけました。

調整点は以下の2つです。
 ・ 1取引あたりの仕掛け金額を平均5万円程度up
 ・ ボラティリティが小さい銘柄と大きすぎる銘柄の排除(頭と尻尾を切りました)

1点目は、目標とするリターンと許容すべきリスクを、少し上げただけです。

2点目ですが、個別株の場合、同じ日に複数銘柄に仕掛け指示がでる事が多いのですが、その中で動きがしょぼく他のアクティブな銘柄と足並みが揃わない銘柄が散見されるので、値動きと時間軸を少しでも平均化したいと考えた結果です。

検証結果としては、直近の成績は上がるが、トータルでの成績は下がる方向への微調整となりました。

最新の売買ルールで、過去検証をするとこんな成績になります。
資金550万円、半期で資金リセットの複利運用、1取引あたり750円の手数料負荷、レバなし。
20120716_1
2010年以降のパフォーマンスも半期単位で見た場合、利益率が10%(年利20%)と希望通りのものです。

ちなみに、こちらが微調整前の成績です。
20120716_2

--------------------------------------------------
パブロフの運用状況は、こちらで公開しています。